どんなふうに為替チャートを読めば良いのかは、FXを始めたばかりの人は戸惑うでしょう。

あらかじめ何も知識が無いような人は、初めて見たチャートをどう読み取っていいかはなかなか判断できないでしょう。

時間を区切って、為替の値動きの推移を為替チャートではグラフにしているといいます。

読み方さえわかれば、為替のレートがどのように動いたかをわかりやすく図示されており、とてもすぐれものです。

よく為替チャートとして使われているのが、始値・終値・高値・安値で作られているローソク足と呼ばれるものです。

ヒゲと胴体と言われる部分がひとつのローソクには存在しており、胴体が色分けされて相場がどんな動きをしているかすぐに見てわかるようになっています。

いろいろローソク足チャートには期間によって異なる種類があるといいます。

ローソクを為替チャートで書く場合、1日のレートで1本書くものと、週のレートで1本書くものと、1か月のレートで1本書くものがあり、それぞれ日足、週足、月足と呼ばれています。

何を使うかは自分がどんな投資をするかによって決まってきます。

普通は日足チャートを基本とし、全体的な流れを知るために月足チャートを使います。

デイトレードの基本は1分から5分足チャートであり、チャートの動きを見ながら素速い判断が求められます。

投資が長期にわたる場合には、短期間の値動きを意識する必要はありません。

短期為替チャートがどんな動きをするか気にかける必要があるのは、相場の転換期などです。